St-2

St-2中戦車

St-2 B型中戦車(SBT)

武装  55mm砲    一門
    7.64mm機関銃 一門
定員 3名
速度 35km/h~45km/h
エンジン 液体窒素冷却式エンジンニ型
タンクデザント機能 有

開発経緯

第二世代戦車開発計画の先陣。元々は重戦車を開発する予定だったが
聖十字共和国連邦から輸入していた鉄鉱石の輸入が停滞し、代替案として開発されたのがSt-2である。
そのため、重戦車に搭載されるはずであった
T-90の砲塔を基本設計に組み込み、ERA(爆発反応装甲)を使用したことで対弾性能が向上した。

詳細情報

St-2シリーズは複数あり、B型は輸出仕様である。
信頼度はM4 Shermanの再来や戦車版AK-47とも言われる。
これは、カラシニコフ氏に協力(死人を生き返らせて拉致った)してもらい、色々やってみた結果なのである。
速度面としては
中戦車でも軽戦車程度の速度を出せる液体窒素冷却式エンジン二型を使用している。
ただ、実戦部隊からの報告によると、エンジンが破損した時に液体窒素が漏れだして乗員が凍死した。との報告がある。なお、改良方法は見つかっていない。
(運用方法を間違えなければ問題ない)
武装面としてはAPCを凌駕する55mm砲を搭載しているが、MBTとしての運用には答えられない戦車である。
なお、7.64mm機関銃はジョン・ブローニング氏が協力(死人を生きry)してくれた特別仕様なので
7.64mmNATO弾との互換性が無い。

WiiUでのSt-2B運用履歴

損害が大きいモジュール 運用国 戦闘結果 一言
       

大満州帝国がSt-2Bを輸入し実験したところ、砲機能を搭載出来たとの報告がある。
そこで、戦車戦での情報をフィードバックしてくれれば改良型を出していく事をリボルバー公国は決定した。
協力してくれる人はご協力よろしくお願いします。
T-90St-2中戦車

  • 最終更新:2017-01-19 13:53:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード